fc2ブログ
>
イカリモンガ(碇紋蛾)とナンブアザミ(南部薊)
2023/11/09(Thu)
    きょうは、良く晴れました(7.1~19.4℃/南東風)。  
    道端に咲き残るナンブアザミ(キク科) に、イカリモンガ(イカリモンガ科)が止まっていました。いつ見ても奇麗な蛾ですが、きょうはパッチリお目めのめんこい横顔に見えて、蜜を吸う夢中さが伝わりました。北海道~九州の他、中国、朝鮮、シベリア等の山地~平地の森林内に生息する、開張35㎜程の蛾の仲間です。成虫は主に3-7月に出現し、渓流沿いの薄暗い環境等で良く見られ、茶色でやや角張った形の翅を持ち、前翅には朱色の紋があります。昼間活動し、翅を畳んで止まり、花蜜を吸い、触角も細く、と「蝶」の仲間の特徴をしっかり備えていますが、元々蛾と蝶の境界線は曖昧で、当種が何故蝶ではないのか、は良く分かりません。年二回発生し、夏に羽化したものは、落葉や朽木の中で越冬します。食草はイノデ類(シダ)。名は、前翅の表裏に碇形の朱色紋もある事に由来。青葉山では夏以降に発生し、成虫はそのまま落葉下や朽木中で越冬し、春に再び活動し始めます・・・
イカリモンガ 宝石の道
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クリタケ(栗茸) | メイン | ユキムシ(雪虫) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6282-8358be3b

| メイン |
ゆきかえる