FC2ブログ
>
クサギ(臭木)の花
2007/08/11(Sat)
きょうも晴れて、暑い一日でした(32.4℃)。
 山のあちらこちらで、クサギ(クマツツラ科)の花が目立って来ました。長い花糸が特徴的な乳白色の花は、山百合の様な香りを漂わせて、ミヤマカラスアゲハ等の蝶達を呼び寄せていましたよ。唯、花よりも紺碧色の果実や赤い萼の方が、晩夏から晩秋まで目立って、とても綺麗で人気があります。北海道~沖縄の他、中国、朝鮮等の山地~平地の、日当たりの良い原野等に生育する落葉低木で、樹木として藪地に最初に侵入する代表的先駆植物です。名は、葉等に独特な匂いがある事に因りますが、臭いと言うよりは胡麻の良い香りに感じますけれど・・・
臭木

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<八月観察会 | メイン | ガンクビソウ(雁首草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/63-35b5e4ac

| メイン |
ゆきかえる