fc2ブログ
>
アズキナシ(小豆梨)の果実
2023/12/22(Fri)
  きょうは、曇り時々晴れて、時々雪が舞いました(-1.7~-5.3℃/北西風)。
  道端に、アズキナシ(バラ科)の実が落ちていました。凍てついた霜と雪片の道に、臙脂の柄を付けた真赤な実が、実に鮮明でした。朝鮮、中国中~東北部、ウスリー、クリル等に分布し、日本では北海道~九州の山地~低地に生育する高さ10-15m程の落葉高木です。小枝は赤褐色で、5-6月枝先に白い小花が集まって咲き、互生する葉は規則正しい波状の側脈が並び、縁に重鋸歯があるのが特徴です。ナナカマドの仲間で、秋に赤い実を樹冠一杯に付けます。青葉山では、尾根道沿い等に見られます・・・
アズキナシ ブナ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コゲラ(小啄木鳥) | メイン | ナメコ(滑子) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6326-764a44fd

| メイン |
ゆきかえる