fc2ブログ
>
オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)の果実
2024/01/11(Thu)
  きょうは、大体晴れました(-2.4~6.2℃/北北西風)。
  道端のオオバジャノヒゲ(ナギイカダ科)に、実が生っていました。多くは既に小動物達に食べられているのですが、所々に青黒い実が残っていて、中には、火星や水星、地球を思わせる、複雑な色合いのものもありました。本州~九州の山林の木陰に群生する、草丈20-30cmの常緑性多年草です。線形の葉を伸ばし、7-8月、長く直立した総状花序に淡紫色の小花を下向きに咲かせます。秋、穂状に径0.8cm程の丸い果実を数個付け、始めは緑色で後に濃灰色に変化します。果実に見えるのは果肉を殆ど持たない種子で、皮を取り除くと半透明の種子が現れます。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
オオバジャノヒゲの実 ダイヤモンド光
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オナガガモ(尾長鴨) | メイン | マメホコリ(豆埃)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6347-e30f3166

| メイン |
ゆきかえる