fc2ブログ
>
ツクバネ(衝羽根)の果実
2024/01/13(Sat)
   きょうは、晴れたり曇ったりで、一時雪が降りました(0.1~5.8℃/北北西風)。
   道沿いのツクバネ(ビャクダン科)に、実が生っていました。多くは、すっかり鳥に食べられたりしていますが、何故かこの木は数多く、目出たそうな羽根付きの実を一杯飾り立てていました。本州~九州北部の、山地の樹林下に生育する雌雄異株で高さ1-2mの落葉低木です。半寄生植物で、根は主に杉や檜、樅等の針葉樹に寄生して養分を摂取する他、自身も光合成して養分を作ります。葉は長さ3-10cmの卵~長卵形で、先は長く尖ります。5~6月に淡緑色の小花を咲かせ、雄花は径4mm程で散房状に付き、花弁はなく、萼片と雄蕊は4個。雌花は枝先に1個のみ付き、子房先端に細長い葉状の苞が4個あります。果実は長さ7-10mmの卵円形で、その先端には花後に大きくなった苞が残ります。青葉山では、檜林下等各所に自生しています・・・
ツクバネ 厚い雲に日は沈む
  明日(1/14(日))は、今年初の定例観(視)察会↓。雪は全くありませんが、動物の痕跡、混群を作る野鳥達、冬越しする昆虫達、あちこちに残る果実やきのこに冬芽、虫瘤、繭等を観ながら、初歩きしましょう!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
次回の 「杜の都 青葉山は今!」展示会は …2024年2/1(木)〜2/14(水)(2週間) 青葉通地下道ギャラリーにて開催します! 一点でも結構です、青葉山の未来のための作品を募集中です!!!

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<一月観(視)察会 | メイン | オナガガモ(尾長鴨) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6349-6d5a23d0

| メイン |
ゆきかえる