fc2ブログ
>
キジ(雉子、雉)の足跡
2024/02/09(Fri)
  きょうは、晴れ後曇りました(-0.2~9.0℃/北西風)。
  道沿いに、キジ(キジ科)の足跡がありました。僅かに残る雪面に、三叉槍先のような大きな痕が真直ぐに続いて、遠くにちらっと、錦模様の雄の姿が見えました。本州~九州の、山地~平地の明るい林や河原、藪地等に生息する全長80cm程の(雌は約60cm)留鳥です。日本の国鳥ですが狩猟鳥でもあり(国鳥が狩猟対象なのは日本のみ)、毎年大量に放鳥され、嘗ての固有亜種は雑種化しています。主に地上で採食していますが、夜は樹上や藪の中で塒を取ります。青葉山では、広瀬川沿いや林縁、藪地等で普通に見られていましたが、河川管理等の諸工事で減少しています・・・
キジの足跡 雪の藪原
「杜の都 青葉山は今!」展示会を開催中です!会期は2/1(木)~2/14(水)、会場は青葉通地下道ギャラリー。青葉山の四季の移ろい、希少な動植物たち、冬虫夏草の数々、観(視)察会の様子、諸問題、超希少種タンザワサカネランやミゾゴイのこと・・・等々、ぜひご覧ください!!!  
       展示会13
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ホトケノザ(仏の座) | メイン | ホクリクムヨウラン(北陸無葉蘭)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6377-7bb1492c

| メイン |
ゆきかえる