fc2ブログ
>
トモエガモ(巴鴨)
2024/02/19(Mon)
 きょうは、晴れ後曇って気温は高いものの、風の強い一日でした(7.4~18.4℃/南南西風)。
 川に、トモエガモ(カモ科マガモ属)がいました。今年は渡来数が多いのか、早北帰行の途中なのか8羽程、ここでは初確認でしたが、強風の中、道化師化粧にもパッチリお目にも見える巴模様が素敵でした(ボケボケですが;)。シベリア東部で繁殖し、冬に中国東部、朝鮮等で越冬、日本では主に本州以南の日本海側に渡来し、関東以西の湖沼、河川等で越冬する、全長37-43㎝、翼長♂20-22㎝、♀18-21㎝。翼開張65-75㎝。体重0.4-0.5㎏の冬鳥です。♂の顔に黒と緑黒、淡黄、白が組み合わさって巴型の模様に見えるのが特徴で、名の由来ともなっています。♀は紫褐色で黒斑があり、嘴の根元に小白円紋があるのが特徴です。嘴は黒。コココッ等と鳴きます。食性は植物食傾向の強い雑食で、主に種子を食べ、水生植物、藻類、昆虫、甲殻類、貝類等も食べます。個体数は少なく、環境省レッドリストで絶滅危惧II類 (VU)に指定されています・・・
トモエガモ 束の間の日差し
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナズナ(薺)の花 | メイン | コガモ(小鴨) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6387-c5e2561b

| メイン |
ゆきかえる