FC2ブログ
>
ヒラタケ(平茸)
2008/11/06(Thu)
  きょうも、大体晴れました。
 山桜の倒木に、ヒラタケ(ヒラタケ科)が生えていました。こんな所に?という場所でしたが、周りには萎れたり流れたりしたものがぴっちり付いていて、誰にも知られていない?様でした。しっかりした大きいものを少し採って、味噌汁にして美味しく頂きました。晩秋~早春、日本全国の他、全世界の温帯山林の、広葉樹(稀に針葉樹)の朽木や切株に、重なり合って発生する食用キノコです。 名は、平たい茸の意で、別名はカンタケ(寒い頃に出る茸)。優秀な食菌と言う事で、「シメジ」として流通・販売されていますが、勿論、ホンシメジや、ブナシメジとは別物で、最近は「ヒラタケ」の本名でも出回っている様です。毒キノコのツキヨタケ(柄を裂くと 、紫褐色のシミがある)にも似ているので、十分な注意が必要です・・・
ヒラタケ きょうの小楢林 
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<メグスリノキ(目薬木)の紅葉 | メイン | クマノミズキ(熊野水木)の実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/640-66ad3360

| メイン |
ゆきかえる