fc2ブログ
>
キジバト(雉鳩)
2024/03/23(Sat)
  きょうは、曇り後雨が降りました(0.0~7.4℃/北北西風)。
  道沿いの灌木に、キジバト(ハト科)がいました。道を挟んで二羽がデデポーと鳴いていて、一羽を覗くと、ここが巣に良いかしら?と言ってるかの様でした。ユーラシア大陸東部に分布し、日本では全国の平地~山地の明るい森に生息しています。北海道と本州北部のものは、越冬の為に南下します。雑食で、種子や果実の他、昆虫、貝、ミミズ等も食べます。全長約33cm。雌雄同色で茶褐~紫灰色で、翼に黒と赤褐色の鱗状の模様があるのが特徴で、頚部側面に青と白の横縞模様があります。繁殖は春が中心ですが、ピジョンミルクで子育てするので一年中可能です。青葉山では、一年中極普通に見られます・・・
キジバト 白柳と川と山
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ケヤマハンノキ(毛山榛の木)の雌花 | メイン | ツクシ(土筆) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6419-84cc9278

| メイン |
ゆきかえる