fc2ブログ
>
レンギョウ(連翹)
2024/04/04(Thu)
  きょうは、晴れ時々曇って、とても暖かくなりました(8.8~21.6℃/西風)。
  川岸に、レンギョウ(モクセイ科レンギョウ属)の花が咲いていました。勿論外来種ですから、何処からか種が飛んで来て生えたのでしょうが、陽を浴びてキラキラと、金鎖の様に輝いていました。中国原産で、株立になって高さ2〜3m程になる落葉低木です。枝は良く伸びて伸びて下垂し、地面に付くと根を出します。枝は茶褐色で中空、円~楕円形の皮目が多。葉は対生し、葉身は長さ4〜8cm、幅3〜5cmの卵形で、先は鋭く尖り、基部は円形。粗い鋸歯があります。雌雄別株。3〜4月、葉の展開前に開花し、直径2.5cm程の鮮黄色の花を葉腋に1〜3個ずつ付けます。花冠は4深裂し、裂片は幅7〜10mmの倒卵状楕円形。雄蕊2。蒴果は長さ1.5cm程の長卵形で、先は尖り、熟すと2裂し、種子は長さ約7mm、幅約2mmで縁に翼があります。青葉山周辺では、植栽されたものが良く見られます・・・
レンギョウ 光る川
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロヤナギ(白柳) | メイン | ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)咲き始める>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6431-c036e740

| メイン |
ゆきかえる