fc2ブログ
>
四月観(視)察会
2024/04/14(Sun)
  きょうは、良く晴れて気温も上がり、青空の下、春爛漫の観(視)察会になりました(10.5〜22.2℃/南南東風)。近況報告やコースの説明等の後、早速の出発です。学生寮建設に伴い、高木のみ残して裸地化された林床に、健気に咲くカタクリに思いを寄せつつ森へと向かいます。道沿いにはツクシが無数に顔を出し、濃紫のミツバアケビやハウチワカエデ、小麦色のキツネヤナギに真白いワサビ等が花を咲かせ、薄黄のキブシがあちこちに慎まし気な小鈴を下げ、エドヒガンや、咲き始めのヤマザクラやカスミザクラがあちこちの山肌を白や薄紅に染め、木々の芽も一斉に萌えて、遥かに白銀の面白山や船形の山々が木々の間に見えています。森に入れば、ウグイスにシジュウカラ、ヤマガラ、メジロが良く囀り、道沿いにはナガハシスミレやタチツボスミレ、マキノスミレ等菫達が、奥床しく並んでいます。そして、北斜面には無数のカタクリが、今が盛りと篝火を燃やし、何処までも赤い絨毯を広げていました。そんな中でも、待針の様なカタクリの赤ちゃん(初年葉)にも出逢えて幸いでした。赤い火花を散らすショウジョウバカマの大群落、報春の郎女・シュンラン、麗しい柔白のコブシ、日溜りの太陽の様なエゾタンポポ、人型の妖精みたいなヒメフタバラン、路傍に光る小白菊‣センボンヤリ、黄金の房鈴を無数に付けるイヌブナ…等々、きょうは見所一杯で、あっという間に時が過ぎました・・・
カタクリ ムラサキタンポポ カタクリの赤ちゃん 沢のような道も
 他に花では、チョウジザクラ、セリバオウレン、エンレイソウ、ネコノメソウ、ミヤマウグイスカグラ、モミジイチゴ、キュウリグサ、ミツバツチグリ、セイヨウタンポポ、コハコベ、ミドリハコベ、オオイヌノフグリ、オニノゲシ、ノボロギク、タネツケバナ、オオバタネツケバナ、ミチタネツケバナ、ヒカゲスゲ、ヒメカンスゲ、オクノカンスゲ、コカンスゲ、ヤハズエンドウ、ナツトウダイ、シナノタイゲキ、ムラサキケマン、クヌギ、ユキヤナギ、フキ、マンサク、イカリソウ、カキドオシ、オオバクロモジ、ケヤマハンノキやハンノキ、アサダ、アカシデ、イヌシデ等カバノキ科の木々の雄花等が咲き、解散後に白花(極薄桃)のショウジョウバカマ群を観た方もいました。野鳥では、アオゲラと思える声と木を突く音、エナガ、カワラヒワ、コゲラ、トビ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、イワツバメ、キジバト等の他、外来のガビチョウが鳴いていました。動物では、カモシカやイノシシ、リス、テン等の痕跡があちこちに見られ、アズマヒキガエルが鳴きましたが、下見で見た筈のトウホクサンショウウオの幼生は何故かに消えていました。昆虫では、ルリタテハ、アカタテハ、ヒオドシチョウ、ミヤマセセリ、ルリシジミやビロードツリアブ、クマバチ等の蝶や花虻、花蜂が見られ、虫瘤ではイヌシデメフクレフシ等が見られました。きょうは、暑い位の陽気の下での春爛漫の会となり、命の息吹がより一層感じられ、百万都市の中心に隣接する身近な森の豊かさ、貴重さが良く分かる一時となったのではないでしょうか…?
 尚、解散後13時より宮教大にて当会総会を開催、昨年度決算・活動報告、今年度予算案・活動予定等について審議、様々な問題が山積するものの、地道な自然保護活動を絶やさず続ける事を確認し、解散しました。                        
イヌブナの花 ヒメフタバラン 賑やかな春の日 ショウジョウバカマ
  来月は新緑の森の中、ヒメシャガ、ルリソウ、ヤマツツジ等の花々や、渡来したばかりの夏鳥達の囀りが見所・聞き所となる事でしょう? では又、5/12(日)にお会いしましょう!
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオバクロモジ(大葉黒文字) | メイン | イヌブナ(犬椈、犬山毛欅、犬橅)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6441-c2901819

| メイン |
ゆきかえる