FC2ブログ
>
オトコヨウゾメ(男用染) の実
2008/11/11(Tue)
  きょうは、晴れたり曇ったりでした(6.0~12.4℃)。
  森のあちらこちらに、オトコヨウゾメ(スイカズラ科)の赤い実が生っていました。普通は2~3個づつ付くのですが、10個以上も付ける見事な房の木々も所々にありました。本州(宮城県以南)~九州の山地~丘陵の、やや日当りの良い林縁部等に生育する落葉低木で、樹高は1~3mになります。良く分枝し、4~5月枝先に散房花序を出し、白い小花を付けます。類似種のコバノガマズミは、葉柄に毛が密生するので見分けられます。別名のコネソは、小さい綯麻(藤蔓の事で、同様に枝が曲がり易いマンサク、シナノキ、クロモジ等を総称する)の意。仙台付近が北限で、県のレッドリストに記載されています・・・
オトコヨウゾメ きょうの青葉山(穴滝と広瀬川) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<シロザケ(白鮭) | メイン | ハウチワカエデ(羽団扇楓)>>
コメント
- 仙台市の保存緑地が消える!!! -
 このところの多忙ゆえ、よく調べたことではないのですが、仙台市の保存緑地がどんどん伐採されてしまい、それにもかかわらず、審議会にもかからず、指定の取り消しもされないまま、闇に葬られているそうだということ、何たることかと暗澹たる思いがします。
 北山に続く、山手の森もいつの間にか消えて、大きなマンションが冷え冷えとした姿で建っているではありませんか!
 仙台が杜の都だなんて、白々しい建て前に過ぎないのでしょうか?
 これほど行政不信を招くことを、仙台市はもうやめられないところまで堕ちてしまったのでしょうか?トップの責任は大きいものがあると憤りを禁じえません。
 
 このまま仙台市の暴走をだれも止めることはできないのでしょうか?市長選の時、とある江戸時代からの由緒あるお寺が演説会場になりましたが、この組織を以て、ぜひ説諭していただけるよう、お願いしたいと思います。欅の精の声を私は聞くことができなかったのに、市長には聞こえたそうなのですから、森の精の声をぜひ心に留めてください!
2008/11/20 21:16  | URL | すずめのこ #SNSZ3Mro[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/645-92f8d9ea

| メイン |
ゆきかえる