fc2ブログ
>
ツクバネソウ(衝羽根草)の花
2024/05/05(Sun)
  きょうは、良く晴れました(13.5~25.6℃/南東風)。
  道沿いに、ツクバネソウ(ユリ科)が咲いていました。未だ花被片の閉じた、蕊のみ目立つ花でしたが、林下に木漏れ陽が射して、出番を待つ舞台上の踊子の様に見えました。北海道~九州の亜高山~低山の落葉広葉樹林の林床や山道沿いに生育する、高さ15-40㎝の多年草です。円柱状の茎が直立し、先が尖った卵形の葉が4枚(稀に5-6枚)輪生します。葉は長さ4⁻10㎝で、両面無毛で縁に小突起があります。5-7月、茎の先端に淡黄緑色の花を一つ上向きに付けます。花柄は長さ3-10cm、外花被片は緑色の萼状披針形で長さ10-20mm。雄蕊8、花糸は長く、葯は線形で長さ3-4mm、花柱は4つに分枝します。果実は液果で、秋に径1cm程の羽根突きの羽子に似た実が黒紫色に熟します。青葉山では、林床の所々に見られます・・・
ツクバネソウ 屏風岳
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タニウツギ(谷空木) | メイン | サラサドウダン(更紗灯台・更紗満天星)の果実の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6462-c424a39d

| メイン |
ゆきかえる