FC2ブログ
>
カジカエデ(梶楓)の紅葉
2008/11/16(Sun)
  きょうは、一日雨が降ったり止んだりでした。
 山道で、カジカエデ(ムクロジ科)が雨に濡れていました。緑~黄緑~黄~黄土~赤と色付いた葉は、一枝が一森、一木で一山を表現しているかの様でした。本州(宮城県以南)~九州(中部以北)の、山地の樹林内に生育する落葉小高木です。葉は、カエデの仲間で最も大きく、5角形で中裂しますが、変異も大きい様です。オニモミジの別名もありますが、カナダ国旗のサトウカエデ(北米に分布)にも似ています。漢名は、雷波槭だとか・・・
  気温差の所為か、川霧が一日中出ていましたよ・・・
カジカエデ 八幡五丁目付近から見た青葉山 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユキムシ(雪虫) | メイン | ツタウルシ(蔦漆)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/650-455aa9f6

| メイン |
ゆきかえる