FC2ブログ
>
ジョロウグモ(女郎蜘蛛・上臈蜘蛛)と初雪
2008/11/20(Thu)
 朝起きると、外は真っ白でした。正式の初雪初積雪だとか。昼間は曇ったり晴れたりで、時折、雪や冷たい雨も降りました(0.0~5.6℃)。
 雪の降る下、ジョロウグモが(アシナガグモ科)の雌がいました。雪にも寒さにも負けず、刺青でも刻んだ様な艶やかで充実した体で、張った巣網を守っていました。周りを探すと、小さな雄も雪に塗れていました。本州~九州の他、朝鮮、中国等にも生息する大型の蜘蛛で、南西諸島以南にはもっと大きなオオジョロウグモ が分布します。名は、その派手な姿や、雌が雄の何倍も大きい事から「女郎」に準えたとされますが、古くは「上臈蜘蛛」と書き、当時の高貴で雅やかな女官(の位)に譬えたとも言われます。産卵と寒い冬を控えた雌は、腹部の模様や色合いが一層鮮やかになる様です・・・
ジョロウグモ 今朝の青葉山 
スポンサーサイト



この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<センボンヤリ(千本槍) | メイン | コハウチワカエデ(小羽団扇楓)の紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/654-faff242d

| メイン |
ゆきかえる