FC2ブログ
>
トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓)の果実 
2008/12/12(Fri)
 きょうは、晴れ後曇りでした(4.6~10.6℃)。
 森の道沿いの灌木に、トリガタハンショウヅル(キンポウゲ科)の果実が付いていました。種子の周りにふさふさの絹毛を付けて、老婆の白髪の様に、風にキラキラ輝いていました。良く見れば、誰かの家にあった正にケサランパサラン。持ち帰って白粉でも食べさせてやれば、青葉山にも幸が訪れるかも知れぬ等と、ふと想ってしまいました。果実は痩果で、花後に伸びた花柱が羽毛状になって付き、それが幾つも集まって、こんな姿になっています・・・
トリガタハンショウヅル きょうの日昇
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カモシカ(氈鹿、羚羊) の子 | メイン | ツルアリドオシ(蔓蟻通し) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/680-b4b6f83b

| メイン |
ゆきかえる