FC2ブログ
>
きょうの工事現場
2008/12/21(Sun)
 きようは、一週間振りに旧ゴルフ場(東北大移転予定地)に入り、その造成工事と共に、竜ノ口周辺で始まった工事道路建設現場を視察しました。旧ゴルフ場で伐採された木々の山は、先週の3倍程にも増えていました。オオルリボシヤンマ等のヤゴが一杯いた池(三居沢源流池)も無くなっていました。竜ノ口橋梁建設の為の工事道路は、旧ゴルフ場側はさ程進んでいませんでしたが、八木山側は木が殆ど無くなって、ブルドーザーによる整地が始まっていました。
 それにしても、この僅かな期間の大自然破壊を、どこの「有識者」達が大勢集まって許可したと言うのでしょうか?! そして、今後どこまで破壊されても、座視し続けるつもりでしょうか?! 
 いま私達は、抗議の意を込めた「要望書」を仙台市に提出していますが(年内の回答を要求中)、それとは別に、来週中に(木曜日予定)市役所で記者会見し、改めて「作業道路工事の開始」等について強く抗議し、仙台の、青葉山の豊かな自然の核心部である竜ノ口中流域を守るため、各工事の中止や見直し、休止を強く求めるつもりです。日時が確定次第、お知らせしますので、皆さん、一緒に抗議・要求しに行きましょう!
木々の死体が谷を埋め尽くしていた(旧ゴルフ場) 長閑な草原が木々達の墓場になった(旧ゴルフ場) 「危険」にしたのは誰だ(竜ノ口橋梁用工事道路) 
ここは、特別環境保全地区だ(八木山側工事道現場) 翁岩(橋梁予定地直下) 遂に「魔の手」が掛かった青葉山の核心部 
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<フユノハナワラビ(冬の花蕨)    | メイン | ケンポナシ(玄圃梨)の実>>
コメント
- 広瀬川の清流を守る条例④ -
 条例第六条と規則第三条から第九条まで広瀬川清流保全審議会、専門委員会について述べられています。
 昨日仙台市のホームぺージで議事録を読もうと思いましたら、昨年11月の分までしか、掲載されていません。専門委員会で検討されたという噂も聞いたことはありません。
 昨年11月時点で、会長は東北大学大学院工学研究科の教授、ほか、15名の名前がありました。仙台市側からも14名以上の職員の出席があったようです。

 1年以上も議事録をホームページに掲載しようとしないところにも、仙台市の姿勢がうかがえます。
 市民は・・・桟敷というわけです。知ってもらいたくない、興味を持ってもらいたくない、そうしているうちに遣りたい放題のことをしよう・・・それは酷すぎませんか!

 『水戸黄門』の悪徳家老が梅原市長だとすると、さしずめ、悪徳御用商人の中には審議委員が含まれるのでしょうか?それとも反対しても、取り上げてはもらえないのですか?
2008/12/23 15:00  | URL | すずめのこ #SNSZ3Mro[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/691-da80f3fd

| メイン |
ゆきかえる