FC2ブログ
>
ヒミズ(日不見、日見ず )
2009/01/07(Wed)
 きょうは曇り時々晴れて、時折雪がちらつきました。
 山へ続く道端で゜、ヒミズ(モグラ科)が死んでいました。つい先刻まで生きていたのか、毛並は艶々と輝き、触ると未だ温もりがありました。本州~九州とその周辺の島々の、低山帯の森林や草原の落葉下に生息するトガリネズミ目の日本固有種です。モグラとは違って地下のごく浅い所で生活し、ミミズ、昆虫類、クモ、ムカデ等の小型土壌動物を捕食します。小型で、モグラに比べて前脚が小さく、長い尾を持つのが特徴です(頭胴長約10cm、尾長3-4cm、体重15-25.g程)。長大なトンネルを掘る事はなく、夜は地上を這い回る事もあります、名は、日の照る所に出る事がないので「日見ず」となりました。テン、アナグマ、イノシシ、ノスリ、フクロウ、モズ、ヘビ類等に捕えられますが、特有の臭みがあるので好んで食する動物は少なく、その所為で死骸が道端で多く見られるとも言われます・・・
 仲の瀬橋から望む広瀬川と青葉山の美しかった風景は、日に日に破壊され続けています。ここでも何百本もの木々が伐られ、自然崖が崩されています。私達が愛した「杜の都」は、これから如何なってしまうのでしょう・・・
ヒミズ 仲の瀬橋から青葉山を望む 
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ヌルデ(白膠木)の虫瘤 | メイン | 「要望書」への「回答」>>
コメント
-  -
何ですか、これ?
これも地下鉄なんですかあ?
何も知らなかったあ!      
_| ̄|○ ガックリ
ショック!!!です( TДT).
2009/01/09 17:38  | URL | サンド #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/712-9758ca31

| メイン |
ゆきかえる