FC2ブログ
>
チゴユリ(稚児百合)の実
2009/01/10(Sat)
 昨晩の雪は間もなく雨に変わり、少し積もった雪も殆ど消えてしまいました。きょうは、曇り時々晴れて、風が強く、時折雪が飛び散りました(1.3~6.8℃)。
 小楢の森の道端に、チゴユリ(イヌサフラン科)の実がありました。寒々した木陰にぽつんと、淋しそうに震えていました。以前沢山あった実は苦いばかりでしたが、冬になって甘味が出ると、動物達の糧となって、あっという間に消えてしまいます。北海道~九州の他、朝鮮、中国、クリル等の落葉樹林の林床に生育する、高さ15-30cmの多年草です。4~5月に、茎の先に白い小花を1-2個咲かせます。か弱く見えますが、種子繁殖の他、娘個体(ラメット)を地中に作り(小さな株だと脇に一つ、大きいと長く伸ばした走出枝の先に又一つ作る)、栄養繁殖によって大群落も作ります。名は、花が稚児の様に小さく可愛らしいからとか、花が沢山並んでいる姿を 稚児行列に見立てたから、等と言われています・・・
チゴユリ 小楢の小道 <←かーそる(矢印)を当てると説明が出ます>
  明日は、定例の観(視)察会と新年会(大規模開発への対抗策検討会)があります。天候に関わりなく催されますので、お気軽にご参加ください(防寒と足元には注意)。
①「一月観(視)察会」
(日時)2009年1月11日(日) 10:30~12:30
(集合場所)宮教大正門バス待合室
(内容)冬芽や虫瘤等を観察する他、動物の痕跡を探します(特にカモシカの住処を垣間見る予定)。
②「新年会(大規模開発への対抗策検討会)」
(日時)2009年1月11日(日) 12:30~14:30
(場所)青葉の森管理センター
(内容)新年会と共に、一斉に始まった地下鉄東西線や都市計画道路、東北大移転等の大規模開発への対抗策を検討します。会費300円。できれば、昼食持参でご参加ください。
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<一月観(視)察会 | メイン | 東北大移転工事が、三居沢にまで及んでいた!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/715-c18846b0

| メイン |
ゆきかえる