FC2ブログ
>
ツキノワグマ(月輪熊)の爪痕
2009/01/19(Mon)
  きょうは晴れ後曇って、雨や雪になりました。
  柿の木に、ツキノワグマ(クマ科)の爪痕がありました。生々しい痕跡は、甘くなった柿の実を採ろうとして幹を登ったたもので、昨年の11月始め頃の事ではないかと思われました。今頃は山奥で?冬眠中なのでしょうか。ヒマラヤ~東南アジア~中国~朝鮮、沿海地方、日本では本州、四国等の冷温帯落葉樹林(ブナ林)を中心に生息し、日本では固有亜種です。主に春は若芽や草本、夏には昆虫類、秋には木の実等を採食します。青葉山では、毎年初夏~秋に数回来訪し、ウワミズザクラ等の果実やアリ、ハチ等の昆虫類、ミズナラ等の堅果類を採食しています。往来経路は広瀬川等が推測され、渇水期に川を渡る姿も目撃されています。当林内での越冬記録はありませんが、爪痕の他、糞や足跡も各所で確認されていて、夏~秋の一時期のみにしろ、当種の生息は、この森の自然の豊かさを証明しています。全国で毎年2000頭近くが捕殺され、激減しており、緊急な保護対策が望まれています・・・(右写真は、青葉山の自動撮影機で撮られたもの)
熊の爪痕 青葉山のツキノワグマ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<コガラ(小雀) | メイン | ヒヨドリ(鵯)>>
コメント
- - くま - -
すごいです、青葉山にもいるんですね!


いいですねー! 熊大好き❤です
v-285
2009/01/20 11:16  | URL | 熊大好き♡ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/725-8398c043

| メイン |
ゆきかえる