FC2ブログ
>
コガラ(小雀)
2009/01/20(Tue)
  今朝は風があり、昨晩の雪がうっすら積っていましたが、日中は晴れたり曇ったりでした。
  朝日を浴びながら、コガラ(シジュウカラ科)の小群が 木々の幹や枝を突いていました。小さな体に可愛いベレー帽がお似合いで、小虫でもいるのでしょう、中々その場を離れませんでした。ユーラシア(ヨーロッパ~アジア)の中緯度地方に広く分布し、日本では北海道~九州の、山地~平地の森林に生息しますが、本州以南では主に亜高山で繁殖し冬には低地に下りる漂鳥です。食性は雑食で、昆虫類、節足動物、果実等を食べます。案外嘴が強く、固い果実でも抉じ開ける事が出来、繁殖期には雌雄揃って嘴で朽木に巣穴を掘る事もあります。北方等では、一年中番いでテリトリーを作りますが、秋~冬は低山帯に移動する者が多く、カラ類の混群に入って生活する事もあります。青葉山では奥山から主として秋~春に来訪し、盛夏以外は一年中観察され、繁殖記録もある様です。尚、北海道にはコガラに良く似た近似種のハシブトガラ も分布しています・・・
コガラ 尾根道
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイダイヒトフシムカデ(橙一節百足)? | メイン | ツキノワグマ(月輪熊)の爪痕>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/726-6f7f79cd

| メイン |
ゆきかえる