FC2ブログ
>
ビンズイ(便追・木鷚)
2009/01/24(Sat)
 きょうは曇り後晴れて、一時雪も降りました。
 山の草原に、ビンズイ(セキレイ科)がいました。10羽程の小群で、尾を振りながら草の実等を食べていました。夢中の様でしたので近付くと、驚いてヅィーッと言って茂みの枝に飛び移り、そのまま森の奥に消えてしまいました(御免なさい)。西シベリア~ロシア極東、モンゴル、中国東北部、サハリン、クリル、朝鮮とヒマラヤ付近で繁殖し、インド~東南アジア等の暖地て越冬します。日本では、漂鳥又は夏鳥として四国以北の山地や東北北部~北海道の平地で繁殖し、冬は暖地に移動します。青葉山には、主として10月中旬頃にアカマツ林等に数多く渡来し、小群を作って越冬します(繁殖の可能性も有)。高原・山地~平地の林で、昆虫類やクモ類、冬には草木の種子も採食します。雌雄同色でタヒバリに似ていますが、眼の後ろに白斑と黒班が有るのが特徴の一つです。名は、囀りが「ビンズイ」と聞える事に因る様ですが、「便追」は当て字なのでしょうか?「キヒバリ」の別名もあります・・・(いつも汚い画像ですみません)
ビンズイ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<枯松伐採と希少種保護について | メイン | クスサン(楠蚕)の繭>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/731-425b0972

| メイン |
ゆきかえる