FC2ブログ
>
ハクセキレイ(白鶺鴒)
2009/01/25(Sun)
今朝もうっすら雪がありましたが、日中は良く晴れました。
森の外れの小道で、ハクセキレイ(セキレイ科)が餌を採っていました。こちらに気付いても、ゆっくり後ろを振り返りながら食べ続けていました。ユーラシア~アフリカに広く分布し、高緯度地域で繁殖する者は冬に南方へ渡ります。数多くの亜種に分類され、亜種ハクセキレイはロシア沿海地方、カムチャッカ、サハリン、クリル、日本で繁殖し、近年増加傾向の様です。顔が白く、黒い過眼線が特徴で、似ているセグロセキレイとは、眼下部が白いので判別できます。雑食で、歩きながら主として昆虫やクモ、ミミズ、草木の種子等を食べています。非繁殖期には昼間分散採食し、夜は大きな集団で塒に就きます。仙台では広瀬通国分町の塒が有名ですが、この子も夜な夜な分町通いをしているのでしょうか?名は、全体に白っぽいセキレイの意・・・
ハクセキレイ 大東岳 
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スイバ(酸い葉)の紅葉 | メイン | 枯松伐採と希少種保護について >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/732-d37623b4

| メイン |
ゆきかえる