FC2ブログ
>
枯松伐採と希少種保護について
2009/01/25(Sun)
 先日、仙台市公園課と農林土木課で、今期の枯松伐採についての説明を受けました。今年も青葉山周辺で数百本の病松が伐採処理の予定で、林床等への影響;が心配されました。そこで、作業を遅らせて頂き、1/24(土)と25(日)に、郷六~三居沢他の地域を点検しましたが、当会が把握している希少種生育地には、幸いにも大きな問題はない様に思われました。勿論、私達が確認できている種や場所はほんの一部であり、今年も又、数多くの希少種が消滅すると言う現実からは逃れられません。これまでにも無数の希少種(カザグルマやイワウチワ、キンラン、ギンラン、エビネ等々・・)が犠牲になって来ました。「松の為」以外の為にはならないと思われる「枯松伐採」です。枯松の処理方法(林外搬出とかチップ化とか)や時期(前年の秋とか)、処理する事自体の見直しが必要だとつくづく感じる二日間でした・・・
伐採木の一部

スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハクセキレイ(白鶺鴒) | メイン | ビンズイ(便追・木鷚)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/733-8de62840

| メイン |
ゆきかえる