FC2ブログ
>
スイバ(酸い葉)の紅葉
2009/01/26(Mon)
 きょうは風はあったものの、晴れて穏やかな一日でした。
 森の草原で、スイバ(タデ科)が紅葉していました。遠くからだと、何かの赤い花弁が一面に落ちているかと思いましたが、近寄れば朝陽を浴びた葉は、火の鳥の羽根の様に輝いていました。北半球の温帯に広く分布し、日本では北海道~九州の、草地、路傍等に普通に生育する多年草です。名や別名のスカンポ(イタドリの別名でもある)は、全草に蓚酸を含み酸っぱい事に因ります。若葉は食用にもされます。雌雄異株で、花は春~初夏に咲きます。定期的に刈取りされる様な場所に生え、冬季はロゼットの形で十分な光合成を行い、美しく紅葉する事が多い様です・・・
スイバ 雪のない森 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロウメモドキ(黒梅擬)の実    | メイン | ハクセキレイ(白鶺鴒)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/734-61f5f758

| メイン |
ゆきかえる