FC2ブログ
>
トサカホウオウゴケ(鶏冠鳳凰苔)?
2009/01/28(Wed)
 今朝はピリッと寒い始まりでしたが、日中は大体晴れて穏やかな一日でした(-2.4~5.3℃)。
 山の道端に、トサカホウオウゴケ(ホウオウゴケ科)と思われる苔が生えていました。良く見れば朽木から青々ふさふさと、名の通りの鳳凰の羽を思わせる美しい姿でした。日本全国の他北半球に広く分布し、半日蔭でやや乾いた地上、岩上、木の根元等に生育する雌雄異株の蘚類です。茎は3-5cmで直立するか斜上し、葉は2-4mmで、葉先の縁には不規則な鋸歯があります(肉眼では中々判りません)。名は、葉先が鶏冠状のホウオウゴケの意。良く似たホウオウゴケは、より大きく葉は細く、沢沿いや水が沁み出る斜面等に生育します・・・
トサカホウオウゴケ? 霜柱 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シジュウカラ(四十雀) | メイン | 「要望書」に対する市の回答>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/736-935770a4

| メイン |
ゆきかえる