FC2ブログ
>
アオサギ(青鷺、蒼鷺)
2009/02/16(Mon)
 きょうは朝から雪がちらつき、午後は本降りになって久々に少し積りました(-2.9~3.2℃)。 
 川岸の柳の木に、アオサギ(サギ科)が止まっていました。礼服を着た貴公子の風情で、身動き一つせずにいましたが、こちらに気付くと、大きな翼を悠然と羽ばたかせて、上流に飛んで行ってしまいました(お邪魔しました)。アフリカ~ユーラシアに広く分布し、日本の北海道では夏鳥、本州以南で留鳥の、国内のサギ類中最大(体長約90cm、翼開長約1.8m、体重約2kg)の水鳥です。川縁や水田、干潟等の水辺で、魚、カエル、昆虫、エビ、カニ等を捕食していますが、稀に小鳥やネズミ等も捕えます。繁殖期には、コロニー(集団繁殖地)を作りますが、一番いだけで営巣する事もあります。 名は、「青い鷺」の意で、特に夏羽は青味が強くなりますが、アオとは古語で灰色を指し、「灰色の鷺」だとの説も強い様です。青葉山周辺では、年中見られる留鳥で、広瀬川の河畔林での繁殖も記録されています・・・
アオサギ 久々の雪(追廻) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<モミ(樅) | メイン | 二階滝も濁っていた!>>
コメント
-  -
てんさん
いつも楽しませてもらって、ありがとうです。
最近、ひどいコメントが続いてますね。
けさは、私の名前もどきの迷惑メール! ムッとしました。難しい状況なんで、いやがらせも多いことと思います。
ガンバ! です。
2009/02/17 08:31  | URL | えりこ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/760-642640e2

| メイン |
ゆきかえる