FC2ブログ
>
ヤブタバコ(藪煙草)
2009/02/23(Mon)
きょうは、雨→雪→雨→曇→・・・と忙しい一日でした。
 藪の小道に、ヤブタバコ(キク科)が枯れたまま立っていました。近寄って果実を見ると、ブラシの様でもあり、四方に伸びたパイプに口を一杯付けた、シャワー遊具の様でもありました。北海道~沖縄の他、朝鮮、中国等の、山野の林下・林縁や道端に生育する越年草(種子が発芽し、翌年に開花結実し枯れる)です。高さ60-100cmで、茎の途中から数本の長い横枝を出し、葉の下面には腺点があります。9-11月に黄色い鐘型の花を、葉腋に下向きに1個ずつ付けます。痩果は黒褐色で粘り気があります。名は、藪地に生え、下の葉がタバコに似ている事に因ります。葉の絞汁は、昔から打身や腫物の民間薬として利用され、そう果はサナダムシの駆除薬にされて来ました。青葉山では、藪地等に比較的普通に見られます・・・
ヤブタバコ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セリバオウレン(芹葉黄蓮/連) | メイン | 「展示会」 開催中!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/767-142290f5

| メイン |
ゆきかえる