FC2ブログ
>
セリバオウレン(芹葉黄蓮/連)
2009/02/24(Tue)
  きょうは、午前中は晴れ間もありましたが、晩方からは雪交じりの時雨になりました(-1.8~5.0℃)。
 檜林の林床に、セリバオウレン(キンポウゲ科)が咲き出していました。薄暗く寒々した林床に、そこだけポッと明るく、小さな「スパーク花火」でも燃えているかの様でした。泉の畔の、何時もの二株だけでしたが、今年は例年より益々早い開花になりました。これは雄花ですが、普通は雄花(雄蕊のみ)と両性花(雄蕊と雌蕊からなる)が混じり合って咲きます。只、土中の養分等が不足している所では雄花ばかりと言う場合もある様です。セリバオウレンは、青葉山の(森の)地上花では、最も早く咲き出す「早春花」中の魁です・・・
セリバオウレン 寒々とした森 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ミツデウラボシ(三出裏星) | メイン | ヤブタバコ(藪煙草)>>
コメント
-  -
展覧会に行ってきました。
知らなかった今の工事、自然がどれだけ破壊されているのかよくわかって、衝撃を受けました。
仙台市は、いったい何を考えているのでしょうか?
この不況ですから、潤う人はいるのでしょうが、ここは
「杜の都」だということを、忘れてしまったのでしょうか。悲しくなりました。
暖かくなりましたら、観察会にぜひ参加したいと思っています。
2009/02/25 21:55  | URL | ぽんこ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/768-bb6d01ea

| メイン |
ゆきかえる