>
バッケ(蕗の薹)が顔を出す
2009/02/27(Fri)
 きょうは、一日曇りでした。
 山の斜面に、バッケ[仙台でフキノトウの事/フキ(キク科)の花茎]が出ていました。見通しの良い褐色(白橡色?)の森では、遠くからでも翡翠の様な緑の蕾は目立っていました。町場等では大分早くから顔を出し、既に試食もさせて貰っていますが、山では今年初のお目見えです。日本全国の山野に生育するフキ(キク科)の、雌雄異株の花の蕾で、未だ葉が出る前に独立して地上に現れます。蕾を何重にも苞が取り巻き、寒さに耐える構造になっています。フキの名の由来は、冬に黄花を咲かせるので「冬黄(フユキ)」が転訛、お尻を拭く紙の代用となり「拭き」、「葉広茎(ハヒロクキ)」、「葉大草(ハオホキ)」の意から、風に揺れやすいので「葉吹き(ハフキ)」「風吹き(フフキ)」から・・・等の説がありますが、良く分らない様です。古名はフフキ。青葉山には、(自生か如何かは分りませんが)葉が1.5mもある亜種アキタブキも生育しています・・・
  見晴らしの良い丘の上に、ノウサギの糞が沢山落ちていました。いつもここで、街を眺めながら糞をしているのでしょうか・・・
バッケ 丘上のノウサギの糞 
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハチノスタケ(蜂の巣茸) | メイン | モミジバフウ(紅葉楓)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/771-c0bff2a8

| メイン |
ゆきかえる