FC2ブログ
>
ヒノキ(檜、桧)
2009/03/04(Wed)
今朝は、夜来の雪が降り残り少し積っていましたが(榴ヶ岡では2cm)、後晴れて見る間に融けました(-0.4~5.2℃)。
  ヒノキ(ヒノキ科)林に、小雪が舞っていました。林内は、静けさと清々しい空気に満ちて、仄かに檜の香りが漂っていました。日本の東北南部~九州と台湾にのみ分布し、山地の尾根筋の岩場等乾燥した場所に生育する針葉樹です。樹高は20~30mで、稀に高さ50m、直径2.5m程になるものもあります。葉は鱗片状で枝に密着し平面状に出て、同科のサワラやヒバ等の葉と似ていますが、葉裏の気孔帯がY字状又は亀甲状になっているのが特徴です。材は美しく耐久性が高く、日本の建材として最高品質のものとされ、世界最古の木造建築・法隆寺等歴史的建造物の多くはこの檜で造られています。樹皮も腐朽し難く、檜皮葺の材料に使われます。名は、元々「火の木」と言われ、擦り合わせて火を起した事に因る様です。青葉山では市有林等に、樹齢百年近くの美林が散在しますが、これは1888年、日本最初の水力発電所が三居沢に建設された事に伴い、その上部各所に植林されたものです・・・
ヒノキ 八幡の杜を望む
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アセビ(馬酔木) | メイン | サルナシ(猿梨)の芽>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/777-f2a64270

| メイン |
ゆきかえる