FC2ブログ
>
アセビ(馬酔木)
2009/03/05(Thu)
   きょうは、ほぼ晴れて暖かくなりました(0.8~10.4℃)。
  森の入口で、アセビ(ツツジ科)の花が咲いていました。鈴蘭や満点星躑躅の様な白い小さなベル達が、チリチリチリと早春のメロディーを奏でている様でした。本州(宮城県以南)~九州の山地に生育する樹高1.5~4m程の常緑低木です。葉は艶のある楕円形で、枝先に束生します。早春、枝先に白い壺状花を多数付けた複総状の花序を垂らし、秋に扁球形の果を上向きに付けます。庭木や公園樹として良く植栽される外、盆栽等にも利用されます。有毒植物で、葉を煎じて殺虫剤にもされます。名は、馬が食べると酔って足が萎える事から「足癈(あしじひ)」と呼ばれたものが転訛した等と言われ、漢字の「馬酔木」もその由来に因る様です。 青葉山では、自生か植栽か不明のものが幾株か見られます。北限にあり自生種が減少している事から、県のレッドリストでは要注目種に指定されています・・・
アセビ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノボロギク(野襤褸菊)   | メイン | ヒノキ(檜、桧)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/778-d84b4483

| メイン |
ゆきかえる