FC2ブログ
>
キクザキイチゲ(菊咲一華)が咲き出す
2009/03/14(Sat)
 きょうは、雨が上がって昼間は晴れましたが、風が強くて晩方には小雪が舞いました(2.5~13.1℃)。
  沢沿いのキクザキイチゲ(キンポウゲ科)が、早くも咲き始めていました。例年より、大分早い開花です。未だ、この二株二輪だけでしたが、俯いた真白い顔(花弁状萼片)を今にも持ち上げて、目覚めの時を迎えるばかりの様でした。北海道~近畿の山地~低地の、落葉広葉樹林の林床等に生育する多年草でです。アネモネの仲間で、春先に花を咲かせ、新緑の頃には消えてしまう(翌春まで地下茎のみで過す)早春植物(スプリング・エフェメラル/春の儚い命)の代表種です。花は、多数の雌蕊が中心部に球状に集合し、その周囲をこれも多数の雄蕊が取り巻きます。青葉山では、広瀬川や各沢沿い等の所々に、大小の群落を形成しています・・・
キクザキイチゲ 赤松の山 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大池(旧ゴルフ場=東北大学移転予定地)が無くなった! | メイン | オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/788-51c129cc

| メイン |
ゆきかえる