FC2ブログ
>
フシグロセンノウ(節黒仙翁)
2007/08/25(Sat)
 きょうも、一日良く晴れました。 杉林に、フシグロセンノウ(ナデシコ科)が咲いていました。暗い林床に、木洩れ日を浴びて真紅に燃え立つ様な花は、遠くからでも目立って胸が高鳴ります。本州~九州の林縁や明るい林内に生育する多年草です。名は、茎の節が紫黒色で、中国原産のセンノウ(京都嵯峨の仙翁寺に伝来した事に由来)に似ている事から付けられました。こちらは、勿論日本固有種です・・・
節黒仙翁

 この一週間、更新が上手く行かず、ご免なさい。
 使っていたパソコン(のハードディスクとやら)が完全に壊れてしまって、全ての資料が消えてしまいました。仕事関係のものは勿論ですが、撮り貯めていた画像なども、一瞬に無くなって、泣くに泣けない状態です。体調も悪くしてしまいました。今後は、また、心機一転一からやり直し、データも逐一他に移しておこうとは思っていますが・・・   (やはり、私には手書きの原稿や、写真ではなく絵を描く方が向いている様な気がします…)
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ヒナアンズタケ(雛杏茸) | メイン | ツリガネニンジン(釣鐘人参)>>
コメント
- はじめて訪問します -
はじめまして。blog記事を読みました。わたしも以前同様のことがありましたのでよくわかります。それ以来、外付けのHDDを使っています。写真は1ヶ月に一度CDRにコピーしておきます。これからもがんばってください。また見に来ます。
2007/08/26 09:48  | URL | 中川輝光 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/80-91b9145a

| メイン |
ゆきかえる