FC2ブログ
>
ヒナアンズタケ(雛杏茸)
2007/08/26(Sun)
 きょうも晴れて、5日振りの真夏日になりました(31.4℃)。
 遊歩道のあちこちに、ヒナアンズタケ(雛杏茸)が出ていました。道端を黄色く染めて、まるで絨毯の様になっている所もあります。一応「食用」ですが、1㎝にも満たないものが殆どなので、苦労して集める程ではない様です。名は、小さくてアンズタケに似ている事に因りますが、杏の香りもヒナの名の通り、とても淡いものですね・・・
雛杏茸 広瀬川の畔(青葉滝の下)

スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<< ツルニガクサ(蔓苦草) | メイン | フシグロセンノウ(節黒仙翁)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/81-b70eb922

| メイン |
ゆきかえる