FC2ブログ
>
カテンソウ(花点草)
2009/04/20(Mon)
きょうは、一日曇りでした。
 歩道沿いの木陰に、カテンソウ(イラクサ科)が咲き出していました。タチツボスミレの群落に混じりながら、さも申し訳なさそうに、赤い襟(萼)から白い顔を出しかけていました。本州~九州の他、朝鮮、中国等の、山野の林下等に群生する多年草です。高さ10-30cm(春先はもっと小さい)で、互生する葉は菱形状卵形で、鈍い鋸歯があります。雌雄同株で、花期は4-5月。雄花は葉の葉腋から伸びた花柄の先に付き、雌花は葉腋に固まって付きます。名は、雄花の突き出した雄蕊や花粉が点の様に見える事に因る等とも言われますが、良くは分らない様です。別名のヒシバカキドオシは、菱形の葉をしたカキドオシの意。青葉山では、尾根筋の林下等の所々で見られます・・・
カテンソウ(左はタチツボスミレ) 八幡五丁目付近から見た青葉山 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) | メイン | ムラサキケマン(紫華鬘)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/829-f63469b2

| メイン |
ゆきかえる