FC2ブログ
>
クコ(枸杞)
2007/08/28(Tue)
 きょうは雨後曇り。期待していた皆既月食は見られませんでした。
 三居沢の森の入口付近で、クコ(ナス科)の花が咲いていました。ナス科と言うだけあって、茄子の花を小さくした様なめんこい花でした。名は、枸(カラタチ)の様な棘があり、杞(コリヤナギ)に似て枝がしなやかな事に由来します。中国原産の落葉低木ではありますが、青葉山でも林縁等に野生化していて、果実はクコ酒にする他、生食やドライフルーツ等にされています。中国では、三、四千年前から利用されて来たのだとか・・・
クコ

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タカトウダイ(高燈台) | メイン | ツルニガクサ(蔓苦草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/83-0b774432

| メイン |
ゆきかえる