FC2ブログ
>
ヒカゲスミレ(日陰菫)
2009/04/23(Thu)
きょうは、晴れたり曇ったりでした。
  沢沿いの木陰に、ヒカゲスミレ(スミレ科)が咲いていました。北海道~九州の他朝鮮や中国の、山地の林下や谷沿い等の、湿り気のある半日陰地に生育する常緑多年草です。高さは5-12cm程で、地下匐枝を伸ばして増殖します。葉は、長さ4-7㎝の長卵~長三角形で、先が尖り基部は心形で、両面に毛が生えています。花柄にも毛が多く、側弁の基部にも毛があります。4-5月に白花を咲かせ、花弁には紫色の筋があり、中でも唇弁のものが目立っています。 名は、日陰に生える菫の意で、別名はエゾコスミレ。 青葉山では、沢沿い等の林下の所々で見られます・・・
ヒカゲスミレ 笑う山(展望台から) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミヤマキケマン(深山黄華鬘) | メイン | ニリンソウ(二輪草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/834-4558aa4f

| メイン |
ゆきかえる