FC2ブログ
>
レンプクソウ(連福草)  
2009/04/27(Mon)
  きょうは、曇り時々晴れでした。
  笹藪の下に、レンプクソウ(レンプクソウ科)が咲いていました。小さな草と花なので気付かずに通り過ぎてしまいそうですが、良く見ればあちこちに群落を作り、近付けば、豆粒の様な花は簪の様にも見えました。ユーラシア中北部に広く分布し、日本では北海道~本州(近畿以東)の、湿った林内等に生育する一属一種の多年草です。高さ10-15㎝で、小葉は羽状に切れ込み、4-5月茎先に上に1輪、横に4輪の花を付けます。上の花の花弁は4つに切込み雄蕊が8個あり、横の花は皆5つに切れ込み雄蕊が10個あります。名は、地下茎が福寿草の根に絡まっているのを見て、「福寿草に連なる草」の意で付けられたと言われますが、それにしても目出度い名前です。大破壊行為が続けられている青葉山にも、福が連なる様な幸いが訪れて欲しいものです。別名のゴリンソウ(五輪草)は、茎先に 5 個の花が固まって付く事に因ります。県レッドリストで準絶滅危惧(NT)。青葉山では、湿った林下等の所々に群落を作っています・・・
レンプクソウ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオルリ(大瑠璃)が死んでいた | メイン | シャク(杓)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/839-bd15ac7f

| メイン |
ゆきかえる