FC2ブログ
>
ミヤマガマズミ(深山莢蒾/深山鎌酸実)の花
2009/05/04(Mon)
 きょうは、曇り時々晴れでした。
 山のあちらこちらで、早くもミヤマガマズミ(スイカズラ科)が咲いていました。白い散房花序は、スポットライトでも浴びた様に遠くからでも良く目立ち、近寄ってみても、独特の香りで虫達を誘っている様でした。北海道~九州の他アジア極東部の、山野の日当たりの良い所に生育する落葉低木です。枝は黒紫色を帯び、葉は倒卵形で先が尖ります。葉の表面は無毛で、光沢があります。5-6月に、葉が一対付く枝先に小花を多数付けます。筒状花は5深裂し、長い雄蕊が5本あります。名の由来は諸説ありますが、深山に生える「噛む酢実(カムズミ)」の転訛とも言われている様です。青葉山では、明るい林縁や林内に普通に見られます・・・
ミヤマガマズミ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ラショウモンカズラ(羅生門蔓) | メイン | エツキクロコップタケ(柄付黒洋盃茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/847-a9a25af4

| メイン |
ゆきかえる