FC2ブログ
>
ベニコメツキ(紅米搗)
2009/05/20(Wed)
きょうも、良く晴れました。
 小楢の森の中を、ベニコメツキ(紅米搗)が飛んでいました。緋色の翅を震わせて、ふわふわ舞っていたかと思うと小杉に止まり、近付くと又飛んで行ってしまいました。立派な櫛状触覚は兜の前立てにも思えて(♂のみ/写真には撮れませんでした)、胸部にある赤黄色の筋も粋で、派手な陣羽織を着た伊達者の様でした。4-8月に、北海道~九州の森林に見られるコメツキムシの仲間です。良く分りませんが、成虫は草木の葉や花等を食べ、幼虫は食肉性(ダニ等)の様です。派手な姿は、毒を持つベニボタルに擬態していると言われています。青葉山では、林内で普通に見られます・・・
森の小湿地には、サクラソウ(県レッドリストで絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN))が咲き残っていました・・・
ベニコメツキ♂. サクラソウ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オドリコソウ(踊子草) | メイン | カンムリタケ(冠茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/863-0946f3db

| メイン |
ゆきかえる