FC2ブログ
>
キアシシギ(黄足鴫)
2009/05/29(Fri)
 きょうは、曇り後雨になりました。
 牛越橋上流の浅瀬に、キアシシギ(シギ科)がいました。遠くからでもそれと分る、名の通りの黄色い脚を半ば浸して、浅瀬を行ったり来たりしながら餌を探していました。シベリア北東部~カムチャツカ等で繁殖し、冬は東南アジアやオーストラリアに渡って越冬します。日本には北海道~沖縄の、海岸、干潟、河口、河川等で、春は4~5月、秋は8~10月に普通に見られる旅鳥で、九州や南西諸島では、越冬する者もいます。体長は25cm程で、雌雄同色。夏羽は上面が灰褐色で、眉斑と頬、下面は白く、顔~頸には褐色の縦斑、脇~胸には横斑があります。脚は鮮黄色で、嘴は黒くて基部は少し黄色っぽくなります。水深の浅い川や海岸を歩きながら、昆虫や蟹等を捕食します。青葉山では春と秋に、広瀬川沿いの浅瀬で見られます・・・(いつもながら、ボケた上に後姿でスミマセン)
  小湿地では、雨の気配を感じたのか、トウホクサンショウウオが地面から這い出ようとしていました・・・
キアシシギ トウホクサンショウウオ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キショウブ(黄菖蒲) | メイン | シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/873-782e0710

| メイン |
ゆきかえる