FC2ブログ
>
アヤメ(菖蒲、文目)
2009/05/31(Sun)
きょうは、雨が降ったり止んだりでした。
 森の草原に、アヤメ(アヤメ科)が咲いていました。余りじっくり見た事がなかった花を見ていると、濡れそぼったロイヤルブルーの道は蜜標となる網目の橋を渡り、蜜の在処へと吸い込まれて行く様でした。日本全国の他、シベリア、中国東北部、朝鮮等の、山野の草地に生育する多年草です。高さ30-60cmで、葉は幅約1cmの線形剣状です。5-6月頃に径8cm程の紫色の花を1-3個付けます。名の由来は、葉の付き方が文目模様(2列に並んだ様子)になっているからとか、外花被片の基部に網状の模様があるので「綾目」と呼ぶ様になったから、等と言われています。尚、昔菖蒲と書いてアヤメと呼んでいたのはショウブ(サトイモ科)の事で、今のアヤメは「はなあやめ」と呼ばれていた様です。青葉山では、道沿いの草地等の所々に見られます・・・
  山のあちこちで、ガマズミが咲き始めていました・・・
アヤメ ガマズミ. 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エゴノキ(売子の木・斉ごの木)の花 | メイン | キショウブ(黄菖蒲)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/875-1e5fc3f9

| メイン |
ゆきかえる