FC2ブログ
>
ネジキ(捩木)の花
2009/06/12(Fri)
  きょうは、晴れたり曇ったりでした。
  バス通り脇の林縁に、ネジキ(ツツジ科)の花が咲いていました。バスの車窓から見てもあっと驚く鈴生りの花は、木全体が白く煙る様です。近寄れば、鈴蘭を思わせる花序に、壺形の白花が一列にきちんと並んでいて、爽やかな香りもあって、清々しさが際立つ様でした。岩手県以南の本州~九州の山地の、日当たりの良い所に生育する日本特産とも言われる落葉小高木です。花期には、前年枝から花柄を伸ばし、多数の花を下向きに付けます。花冠は長さ7-8mmで先端は狭まり、浅く5裂して、雄蕊は10本あります。花が散ると花柄は上を向き、朔果も上向きに熟します。名の通り、材にも捩れがあって細工物には使えないとも言われますが、あの宮島のしゃもじには、このネジキも使われているのだとか・・・
  車道沿いの土手には、如何言う訳か、セイヨウヤブイチゴ(別名ブラックベリー)の花が咲き群れていました・・・
ネジキ セイヨウヤブイチゴ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウメガサソウ(梅笠草) | メイン | ジョウカイボン(浄海坊)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/887-bd2d6dbe

| メイン |
ゆきかえる