FC2ブログ
>
ウメガサソウ(梅笠草)
2009/06/13(Sat)
  きょうは曇り後晴れましたが、一時雨も降りました。
  森の外れに、ウメガサソウ(イチヤクソウ科)が咲き始めていました。白玉の蕾が割れて、白磁の梅鉢を伏せた電燈笠の様な花が現れました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、クリル、サハリン等の、山地や海岸のやや乾いた林下に生育する、高さ5-15㎝の常緑多年草です。葉は輪生状に付き、縁に鋭い鋸歯があります。6-7月、茎先に径1㎝程の白花を1輪(稀に2輪)下向きに付けます。雄蕊は10本、雌蕊は1本で、花冠は5裂します。晩夏に円盤形の果を付け、翌年まで残ります。名は、花形が梅に似て、笠の様に下向きに咲く事に由来します。 青葉山では、林縁等の所々に見られます・・・
  明日は6月の観(視)察会↓です。 梅雨時の森を、ガマズミやネジキ、ギンリョウソウ、シラキ、ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)等を愛でながら、オオルリ、キビタキ等夏鳥の囀りも楽しみましょう。モミジイチゴやヤマグワ、ミヤマウグイスカグラ等の実も生っています。きょうは、ホトトギスやコジュケイ、アオバトも良く鳴いていましたよ・・・
ウメガサソウ(去年の果も立っています) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<六月観(視)察会 | メイン | ネジキ(捩木)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/888-3d2c7c04

定例青葉山視察会(156回)
2009年5月10日(日)天候:曇り きょうは、観(視)察会。どんより曇ってはいましたが、大勢の参加者が集まりました(7.7~10.6℃)。何人かからの報告や挨拶等があった後、「さあ、出発!」と足を一歩進めた途端、「サンコウチョウだ!」の声に一同大騒ぎ。逆光なが?... …
2009/06/14 18:40  「青葉山の緑を守る会」活動報告
| メイン |
ゆきかえる