FC2ブログ
>
ホツツジ(穂躑躅)
2007/09/03(Mon)
 きょうは、久し振りに晴れました。
 小楢の森で、ホツツジ(ツツジ科)が咲いていました。葉の間から真白い花穂達が立ち上がる様は、精霊達が、森の海を静かに漂う様でもありました。名は、穂状に咲くツツジの意で、別名のヤマワラ(山藁)は細かく枝分れした枝先を切り揃えて蓑にした事から、ヤマボウキ(山箒)は同様にして手箒を作った事に由来します。細い枝は赤くて角ばっているので、冬でもすぐに分りますよね。尚、有毒植物であり、花蜜にも毒があるので(蜂蜜に因る中毒例もある)、十分注意しましょう・・・
穂躑躅

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<モンキアゲハ(紋黄揚羽)の幼虫? | メイン | ニラ(韮)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/89-d9a06075

| メイン |
ゆきかえる