FC2ブログ
>
イガタツナミソウ(伊賀立浪草)
2009/06/15(Mon)
  きょうは、大体晴れました。
  沢沿いの草地に、イガタツナミソウ(シソ科)が咲いていました。草叢から顔を出す花々は、名の通りの立波の様にも、ジャンプするイルカ達の様にも見えました。宮城以南の本州・四国の、山地のやや湿った林内等に生育する、草丈20-40cmの多年草です。葉は広卵~卵心形で、縁に円い鋸歯があります。6月頃に咲く花は、茎頂の花序に疎らに一方向に偏って付き、長さ2cm程の花冠は淡紫色で、基部から直角に曲がって立ち上がります。名のイガは、三重の伊賀地方で見つかった事に由来します。タツナミソウの仲間は皆似ていますが、全体にやや不揃いの開出(面に直角に生える)毛が密生し、節間が葉より長い事等が特徴です。宮城県南部が北限な上に生育地が減少していて、県レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。この青葉山が、最北限の自生地ではないでしょうか・・・
  山のあちこちで、ヤマボウシの白い花が目立っていました…
イガタツナミソウ ヤマボウシ >
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マツオウジ(松旺子) | メイン | 六月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/890-18060523

| メイン |
ゆきかえる