FC2ブログ
>
ユキノシタ(雪の下)
2009/06/17(Wed)
  きょうは、曇り後雨になりました。
  森の入口の道端に、ユキノシタ(ユキノシタ科)が咲いていました。庭先にも良く植えられる有触れた花ですが、良く見れば近縁のダイモンジソウにも似た人型の花が風に揺れて、サーカス場の道化師達がロープに摑まり飛び跳ねている様に見えました。本州~九州の、山地~低地の湿った半日陰の岩上等に生育する多年草です。葉は円く、裏は赤みを帯び、根本から匍匐枝を出してその先に新株を作り増殖します。6-7月に、花弁五枚の花(上三枚は小さく濃紅と黄の斑点)を付けます。名の由来は、常緑の葉が雪の下に残るからとか、葉の白斑を雪に見立てた、花を雪に譬え緑の葉が下に見える様子から、花弁を舌に譬えた「雪の舌」の意、等諸説あります。青葉山には、民家跡等の植栽されたものもありますが、沢の所々には自生種も見られます・・・
  藪道では、スイカズラが雨に濡れながら香っていました・・・
ユキノシタ スイカズラ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツルマンネングサ(蔓万年草)   | メイン | マツオウジ(松旺子)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/892-eaa5c09d

| メイン |
ゆきかえる