FC2ブログ
>
モンキアゲハ(紋黄揚羽)の幼虫?
2007/09/04(Tue)
 きょうは良く晴れて、又真夏が戻りました(28.8℃)。
カラスザンショウの木の幹に、モンキアゲハ(アゲハチョウ科)と思われる幼虫がいました。一人ポツンと佇む大きな体はとても目だって、行末が心配になりました。これから蛹に成って、無事に冬を越す事が出来るのでしょうか? 幼虫はクロアゲハに似ていますが、前後の紋が途中で切れています。(モンキアゲハだとすれば)最近まで新潟~栃木~茨城辺りが北限とされていた暖地性の蝶で、地球温暖化の所為か年々北上傾向にあり、宮城県内でも度々目撃されるようになりました(県のレッドリストで要注目種)。食草は、このカラスザンショウ(付近で成虫も確認)等ミカン科の植物です… 
紋黄揚羽 緑のトンネル

スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬) | メイン | ホツツジ(穂躑躅)>>
コメント
-  -
今日雨の中、青葉山の植物園を散策していたところ、葉にしがみつき、雨をしのいでいるるモンキアゲハの成虫を見つけました。

仙台にもモンキアゲハいるんですね。南方系の蝶だと思ってたんですけど。
2008/08/31 21:50  | URL | 山東 #-[ 編集]
- 小中学生の皆さんへ -
 英語を習いたての親戚の子から質問されたので、ブルーリーフさんに向かって述べているわけでも、名前に意味があるかないかの議論をしているわけでもなく、老婆心からの書き込みです。
 地名の青葉山→"Aobayama"
 青葉→"green leaves" "greenery" "green foliage"
2007/11/04 15:21  | URL | すずめのこ #tVCIi6CI[ 編集]
-  -
ブルーリーフ様
ご指摘を、ありがとうございます。
後ろの紋と同じく、前の斜めの紋も僅かにですがしっかり途中で切れていた事から、モンキアゲハと判断しました。でも、紋の絣模様は?と言われるとやはりクロアゲハなのかとも思います。同じ場所でモンキアゲハの成虫を確認していたものですから、「期待」が入ったかもしれません。ありがとうございました。
2007/11/03 22:10  | URL | てん #-[ 編集]
- クロアゲハだと思います -
モンキアゲハと紹介されていますが、クロアゲハではないでしょうか?うしろの紋が途中で切れていますが、個体変異でこのような紋はクロアゲハ幼虫にも見られます。また前の方の紋は背中でつながっているように見えます。横カットの写真では断定できませんが、モンキアゲハ幼虫と断定するのは無理があると思います。背中側からの写真も撮られましたか?紋のかすり模様はクロアゲハだと思います。
2007/11/02 21:51  | URL | ブルーリーフ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/90-e8d438f2

| メイン |
ゆきかえる