FC2ブログ
>
プライアシリアゲ(ブライア尻挙げ・挙尾)
2009/06/23(Tue)
きょうは、雨が上がって晴れ上がり、何と真夏日になりました(18.2~30.0℃)。
  マタタビの葉に、プライアシリアゲ(シリアゲムシ科)と思われる虫がいました。名の通り尻(尻尾)を挙げ、英名 (scorpionfly)の様に、毒を持つ蠍の雰囲気もありました。北海道~九州の、山地の沢沿いや林内・林縁等に生息するシリアゲムシ(挙尾虫)の仲間です。体は黒く脚は黄色で、透明の翅には黒い模様がありますが変異が多く、北部に行く程模様が無くなると言われます。大きさは2cm程で、5-8月に出現します。肉食で、他の昆虫の幼虫や死骸等を食べ、雄が雌に贈物(餌)を上げて交尾する事でも知られています。他のシリアゲムシ同様、雄は皆一様に、腹部末端に名の由来の把握器(雌を把握する生殖器)を持ちます。名のプライアは、イギリス人昆虫研究家の名に因みます。青葉山では、葉の上等で普通に見られます・・・
  マタタビの葉の下には、花が沢山咲いていました・・・
プライアシリアゲ マタタビ(赤い実はニワトコ) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ワカバグモ(若葉蜘蛛) | メイン | スジグロシロチョウ(筋・条黒白蝶)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/900-c4d433a5

| メイン |
ゆきかえる